book_tate
1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)00:56:20 ID:CCI
前々から書いてみたいなーとは思ってたんだけど
小説を書こうとするのなんて初めてだから、世界観やらストーリーやら何から始めてどう作っていくかが分からない

アドバイス求む


3: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:05:12 ID:CCI
設定だけでも典型的なラノベではないようにしたい

4: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:16:50 ID:Oe4
何も思いついてないでどうして小説書こうと思ったんだ?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:18:00 ID:vep
書きたいものもないのに書きたいの?

6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:18:17 ID:xlN
とりあえずブリタニア百科事典読破

7: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:20:36 ID:CCI
なんとなくの設定ならある
なんとかそれを膨らまして小説書く段階まで持っていきたい

9: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:22:21 ID:Oe4
>>7
そのジャンルと話せる範囲であらすじ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:25:57 ID:CCI
>>9
ジャンルはファンタジー?異世界もの?

人間が生贄を捧げる場所があってそこに生贄目当てで妖怪が潜伏してた
ある日信仰が集まったためか本当に神が生まれる

あらすじらしきものはこれだけ

13: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:29:46 ID:Oe4
>>12
人間の信仰の対象はその妖怪ではなかったのにその妖怪が神様になっちゃうみたいなこと?

14: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:30:46 ID:CCI
>>13
妖怪が神になったんじゃなくてその土地に新たな神が発生した感じ

269: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:17:26 ID:sHT
>>12
このあたりでめちゃくちゃ大きな枠組みはできてたじゃない

8: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:21:23 ID:vep
そんならもう行き当たりばったりで書け書け

12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:25:57 ID:CCI
>>8
行き止まりどころか道がないんだが

269: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:17:26 ID:sHT
>>12
このあたりでめちゃくちゃ大きな枠組みはできてたじゃない

10: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:23:38 ID:2sw
岡本太郎が「幼稚園児の描く絵は素晴らしい、中学生くらいになるともう駄目」
と言っていたのをなぜか思い出した

11: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:24:41 ID:xL3
まず文章で物を語ることができなきゃ話にならんのは当然だよな?
これには内容が創造であるか現実であるかは問われないのもわかるよな?
まず日記から書いてみよう
そこで自分の身に現実に起こった物を語れないのなら
小説も書けないということになる

15: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:31:34 ID:vep
今小説の書き方なんて調べりゃいくらでも出てくるだろ

16: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:32:16 ID:CCI
>>15
もちろん調べてもいるけどどうせならスレ立ててみたかった

17: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:35:30 ID:xL3
日記のほうが小説よりも格段に簡単に書けるはずなのはちょっと考えればわかること
なんせストーリーや設定を一切考える必要がないんだから
日記すら書けないようじゃ小説など到底無理だと逆説的に言い切れる
ここでは便宜的に日記と言ってるけど別に毎日書く必要はない
旅行に行ったとかイベントに参加したとか
何か特別なことがあった場合にそれを文章にしてみることだな

18: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:38:26 ID:CCI
>>17
毎日じゃなくても書けることがあったら文章にして書き出すのがいいってこと?
正直書くことが起きるような人生じゃないんだよなぁ
なんとかアンテナ立てて書くこと探すようにする

21: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:41:26 ID:xL3
>>18
一言で言うと
日記すら書けないようじゃ空想日記たる小説も書けない

19: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:38:40 ID:Oe4
お前が気に入るかどうか分からないが、
お前がそのあらすじからどう着想を得ていけばいいか考える助けになればいいと思うので
俺がそのあらすじから得た印象や妄想をちょっと語る

まずその妖怪が神になるのでないとしたら、その妖怪には別の役割があるということ
その妖怪は神が生まれた顛末について一番身近で知れる存在ということ
人間は神様出現後何も知らずに妖怪を無視して神様崇める、でも成立するけど
人間と妖怪、神の間にも橋渡しがあった方が話が動く

22: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:44:29 ID:CCI
>>19
ありがとうすごい参考になる

信仰が無くなると消滅するって設定が良いかなと思ってるから
何か起こって信仰が減る→信仰を取り戻すために行動するって感じにしようかと考えてる

妖怪と神との関係性もどうしようかな
妖怪が居たのが原因で神が生まれたってのがいいかな
その原因をどうするか

20: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:41:18 ID:dr8
読んを沢山読めばいいんじゃないかな

23: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:48:24 ID:4Dq
昔Twitterで見たのはどうしても書きたいセリフやシチュエーションだけいくつか先に書き出してそれを適当な順番に置く、それを繋ぐように地の文と会話を書くってやつかな

25: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:50:23 ID:xL3
最近じゃあまり見ないけど
以前は半生を語るスレみたいなのがよくあっただろ?
そういったものが読み物としてまとまっていたかと言えばほとんどそうじゃない
実際に経験したことであるにも関わらずだ
そんな文章力で小説を書こうと思っても
自分の頭の中にしかいない架空の人物の半生を語れるはずがないんだよな
もちろんそういったスレでは一問一答に近い形の対話を前提にしていて
読み物として書き込んでいるわけじゃない人が大半だったろうけど

27: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:51:01 ID:dr8
長すぎると絶対飽きるから
初めは読み切り程度の長さにしろよ

29: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:51:24 ID:vep
書きたいシーンがまだないってマジかよ
そういうもんから作ってくもんだと思ってたが

30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:05 ID:CCI
>>29
元々世界観自体を作ろうとしてて、ふとこの設定思いついて小説書きたくなった

31: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:34 ID:xL3
ちなみにあらすじだの設定だのは
小説に限らずマンガアニメドラマ映画
すべてのフィクションの素になるもの
そこばかり考えても小説を書けるようにならんよ
マンガ描けるようになりたいなら設定考える前に絵を描けるようになれと言うようなもん

40: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:20:12 ID:xL3
日記以外に文章表現を磨くのに手っ取り早いのは
マンガなど既存のフィクション作品のノベライズだな
この作業もストーリーだの設定だのを考える必要がない

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1533570980/

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
「ブログ村2ちゃんランキングへ移動」

「人気ブログ2chランキングへ移動」